無職の人がクレジットカードを作るコツ

a0001_016825

 

クレジットカードは発行枚数が3億枚以上と言われており、一人3枚所有している計算になります。
それだけの人が持っているクレジットカードには人気の理由があります。

 

・お金を持ち歩く必要がない
・失くしても再発行が利く
・ポイントがもらえる
・支払い時に割引サービスが受けられる

 

これら様々な理由でたくさんの人に使われています。
しかし、「誰もが」持てるものでもありません。

 

クレジット(Credit)」の名前の通り「信用力のある人」にしか発行されません。
信用力があるかどうかは審査を受けることによって分かります。

 

クレジットカードの審査が見るポイントは

 

・年齢
・職業
・年収
・会社の規模
・家族構成
・住居

 

大抵はこの6つであり、特に重要視されるのは「年収」と「会社の規模」と言われています。
つまり「無職」の人は審査が厳しくなることが分かります。

 

しかし、無職の人でもクレジットカードを持っている人はいます。

ではどのようにしてこの審査を通ったのでしょうか。

 

無職の人が審査を通るポイントは「収入」です。

 

ですが、無職ですから収入なんてありません。

しかし、自身が収入がなくても同居している人がお金を稼いでいれば審査に通りやすくなります。

 

両親の家にいる場合や、結婚している場合などが考えられます。

そして収入というのは「生活できるだけの額がある」ということも重要ですが、月1万円程度の「お小遣い」でも問題ありません。

 

例えば、パートやアルバイト、他にもインターネットビジネス、アフィリエイトやライターの仕事でも立派な仕事ですし、収入を得ているわけですから職業は「パート・アルバイト」や「自営業」「自由業」などと表記することができます。

 

無職」と素直に書いてしまうよりも、ブログを持っている人はそこでアフィリエイトをすることで「自営業」となりますからその方が収入が低くとも相手に与える印象は変わります。

 

 

check無職でもちょっとしたアイディアでクレジットカードが持てます

 

 

クレジットカードを作りたいんだけど無職ということで、審査に受かる以前の問題で悩んでいる人は結構いるのではないでしょうか。

 

クレジットカードの「クレジット(Credit)」とは信用を意味する英語で、やはり無職ということは社会的に見たら信用度は低いとみなされるのはしかたのないことかもしれません。

 

ちょっと前ならば無職の方でも比較的簡単にクレジットカードを発行することが出来る時期がありましたが、最近はかなり審査が厳しくなってきて無職の方がクレジットカードを持つということは相当ハードルの高い事になってしまいました。

 

しかし全く方法がないかといえばそんなことはありません。

クレジットカードを取得するための条件として一番にあげられるのは安定した収入があるということで、なんかしらの仕事をしていないといけないということになります。

 

そこで審査を受ける際の書類には「自営業者」と書き込むのがいいのではないかと思います。

 

ただし全く仕事をしていないのに虚偽で自営業を名乗るのはマズイので、オススメとしてはインターネットのオークションなどをして収入を得るというのがいいのではないでしょうか。

何かしらの事情によって外で働けない方であっても、自宅でオークションなどをして収入を得ることなら何とか可能です。

 

他に無職の方がクレジットカードを取得する方法としては、「家族カード」を作るという手があります。

 

もし家族の誰かがクレジットカードを持っているならば、それと同じ種類の家族カードを作ることができます。

一人暮らしという方には難しいかもしれませんが、家族と同居をして無職という方にはオススメの方法です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ