クレジットカードの審査に通りやすいポイント

a0007_001456

 

クレジットカードがあると何かと便利ですが、無職でも審査が通るのか、不安はありますよね。
申込書に記入する項目は、年齢、職業、年収、居住年数・居住形態、家族構成などが一般的です。

 

これらの内容に点数をつけ、その合計点数によって合否を決定します。
また、過去に消費者金融からの借入をしたことがあるのか、クレジットカードでの延滞をしたことがあるのかもチェックするポイントになってきます。

 

カード会社によって審査基準に差はありますが、カード会社の多くが重視していることは、

 

・安定した収入はあるのか

・返済能力はあるのか

・きちんとした住居はあるのか

 

などです。

 

現在無職の場合でも、先月まではきちんと仕事をしていたということであれば、審査に有利に働きます。
また、その場合、勤続年数が長いほうが信用度が増します。

 

居住は、賃貸よりも持ち家で家族と同居しているというほうが有利になってきます。
同居していると、何かあったときは親が肩代わりをしてくれるということで、ポイントは上がるのです。

 

親から援助を受けている場合も、審査は通りやすくなります。

 

審査が通るか不安なカード会社に申し込むよりも、初めから審査が甘い会社に申し込むほうが手間が省けます。

 

イオンカード」や「楽天カード」、「ファミマTカード」などは、審査が甘く取得しやすいカードです。

 

また、アコムやアイフル、プロミスなどのキャッシング系のクレジットカードは審査がゆるいことが多いです。

 

どうしても審査に通りたいという場合は、短時間でもいいのでアルバイトなどをしてみるといいですよ。
少しでも収入を得ることにより、審査に通る確率はぐんと上がります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ