無職の障害年金受給者もクレジットカードが作れます

a0006_000420

 

クレジットカードには「アメリカンエクスプレスカード」のように年会費が必要なクレジットカードと、「楽天カード」のように年会費が無料のカードの2種類があります。

 

年会費を払って入るクレジットカードよりも、年会費無料のカードの方が審査に通りやすいです。

楽天カードやデパートと提携しているクレジットカードです。

VISAカードは特に審査に通りやすい印象です。

 

私が使っている楽天カードと大丸デパートのカードもVISAカードと提携しているクレジットカードです。

 

クレジットカードの申し込みをするときには、一定の収入があることが原則、必要です。

アルバイトでもいいですし、パートでもいいので、クレジットカードを取得するまで籍を置ける仕事が必要となります。

ただし、一定の収入があれば、仕事でなくても、年金などでもオーケーです。

 

私の場合は、パートもしていなければ、アルバイトもしていない無職でした。

しかし、私は「障害年金」を取得していますので、それが収入と見なされて審査に通りました。

 

ですから、無職でも、一定の収入があれば、クレジットカードの審査には受かります。

働いてなくてもクレジットカードを持つことができるのです。

 

ですから、クレジットカードを初めて申請するときには、事情を説明して、クレジットカードの支払い能力はある、ということを言うことが必要だと思います。
そのためにも、一時的に籍を置かせてくれる会社やパートなどを見つけることが大切でしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ