審査の甘いクレジットカードとは

a0001_008143

 

こんにちは。

今日は、無職でも審査に通るクレジットカードの申し込み方法についてお話しします。

 

ネット決済が普及してきた近年、クレジットカードは益々必要な物となってきましたね。
中にはスマホで、有料コンテンツのダウンロードをする際、クレジットカード決済しか選択できない事も珍しくなく、1枚は持っていたいアイテムです。

 

そんな便利なクレジットカードですが、申し込み時には必ず「審査」があります。
その審査も会社によって、厳しかったり甘かったりと様々ですが、安定した収入があり、他社からの借金が無ければ、ほとんどのクレジットカードは作れます。

 

問題は「無職」の人です。
クレジットカードの審査で重要視される内容の一つに、会社の規模と勤続年数があります。
それらが無い無職の人は、審査を通過するためには、いくつか気をつけたいポイントがあります。

 

 

point1審査の甘いカードを選ぶ

 

 

まず一つ目が、できるだけ「審査の甘い」カードを選ぶ事です。

 

審査の甘いカードで有名なのが、「イオンカード」と「楽天カード」、「ファミマTカード」です。
できる事なら、これらの大手企業のカードを利用しましょう。

 

 

point2家族カードで申請

 

 

二つ目が、「家族カード」を作る事です。

 

家族の誰かがクレジットカードを持っていれば、家族カードに入る事ができます。

 

家族カードなら、無職でも学生でも確実に審査を通過できます。
実はこれが一番確実な方法なのです。

 

 

point3申込書の書き方

 

 

最後が、「申込書の書き方」です。

 

クレジットカードの審査基準は色々と細かく分かれていて、電話欄は携帯より固定電話が有利で、住所欄も賃貸より持ち家の方が有利です。

 

問題の職業欄ですが、無職の人は「無職」と書くよりも、何らかの派遣会社に登録して、その会社の名前を書くか、少しでもいいのでアルバイトをして、その会社の名前を書く事で、簡単に無職という肩書きから脱出できます。

 

またアルバイトと言っても、ネットで収入を得るような、在宅ワークでも構いません。
その場合「自営業」という肩書きになります。

 

職種欄も、「ライター」や「WEBデザイナー」など、できるだけ近い物を書きます。
何らかの形で収入を得ていれば、無職では無くなるのです。

 

上記のポイントさえ掴めば、無職の人でもクレジットカードを作れる確率が上がります。
無職だからとあきらめずに、是非一度チャレンジする事が大切です。

 

 

checkクレジットカードの審査に通過するためには?

 

 

最近では、特にインターネットはそうですが、クレジットカードを持っていないと、便利に決済できないシステムになっています。

そこで、クレジットカードを1人1枚はもつということが必須になりつつある時代です。

 

ですので、クレジットカードを作成しようと思うでしょうが、そこで気になってくるのが審査です。

クレジットカードでは審査に通過した人だけしかクレジットカードの作成をすることができませんので、まずはその審査に通過しなければなりません。

 

そこで、職業が無職ですと審査に通りづらいと考えるかもしれませんが、実際にはそうでもありません。

ただ、やはり無職よりかは何でも職業についていたほうが有利は有利ですので、そこは工夫しなければなりません。

 

たとえば、今の時代は誰でも派遣に登録したことがある人は多いと思います。

そういう人は現時点で働いていなくても立派な派遣社員なので、そういった経歴が自分でないかよく思い出し、それに該当していれば派遣社員と名乗ることができます。

 

また、最近では在宅で仕事をする人も増えてきましたが、そこで少しでも収入がある人は自営業として認められるはずです。

自分で働いて自分でお金を稼いでいるのですから、そこに嘘偽りはありません。

 

こうして職業をむしろきちんと正確に記すことで、たとえフルタイムの仕事はしていなかったとしても、職業欄に職業を書くことができます。

 

それ以外に、私が知っている話ですと、「店頭でクレジットカードの入会キャンペーンをしているところは審査が甘い」という話を聞ききます。

 

考えてみれば「クレジットカードに入会してください」と誘っておいて「審査に通りませんでした」では、とてもそのクレジットカードの印象が悪くなってしまいますから、よっぽどのことがなければ審査に通過すると私は思っています。

 

現在はクレジットカードの新規顧客獲得がさかんですので、クレジットカードを作りたいという意志がある人は、むしろ歓迎ムードです。

クレジットカードの作成に対して積極的になって良いと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ