無収入でもクレジットカードが入手できる方法

a0001_001843

 

収入の3分の1以下しか貸付できない”という法律があるため、収入のない専業主婦や無職の方にとって「クレジットカード」は遠い存在となってしまいました。

 

しかしクレジットカードは便利なサービスが数多く付帯されており、お得な特典も利用できるとあって、近年では1人につき平均3枚所持していると言われています。

 

クレジットカードは収入がないからこそ、主婦だからこそ有効活用したい商品でもあるのです。

そこで「無収入でもクレジットカードが入手できる」コツを挙げてみました。

 

 

・家族と同居する・・・同居している家人に定期的収入がある場合、審査に通りやすくなる可能性が高くなります。

 

・パートやアルバイトで働く・・・定期的収入があると見なされるため、クレジットカードを所持しやすくなります。

 

・派遣会社に登録する・・・本人所在確認で連絡がつくため、働く意思があると見なされ審査に通過しやすくなります。

 

 

この他にも多重債務の有無や債務整理、複数のクレジットカード申込みをしている場合などは断られる可能性が高くなります。

また申込みの際に虚偽申告をした場合も同様で、信頼性のない人物とみなされて断られてしまう事が多いのです。

 

いくらウソをついても個人情報登録機関との差異ですぐにバレてしまうので、信頼性に欠ける行為はやめておきましょう。

逆に不利な状況であっても、現状を素直に話すことで、審査に通るケースもあります。

 

信頼の元で機能している機関なので、現状を正直に話すことで有利に働くこともあるのです。

無職だから、無収入だからと諦めるのではなく、できる範囲での努力を試みて申込んでみてはいかがでしょうか。

 

あなたの誠意が届き、無事にクレジットカードが入手できることを願っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ