現金支払いが損になる理由

a0780_000153

 

クレジットカードが普及するようになって、もうかなりの年数が経ちました。

 

使われ始めた当初は、「クレジットカードの情報が盗まれてしまうのではないか」、「お金が減っていくのが目に見えるわけではないので、どんどん使い過ぎてしまうのではないか」といったような理由から、敬遠されることが多かったのですが、現在においてはなくてはならない存在となっています。

 

その理由の一つが各カード会社の「優遇制度」です。

 

クレジットカードの普及と共に、その種類は数えきれないほど多くなってきました。

そのため、各カード会社は自分たちのカードを作ってもらおうと優遇制度を設けています。

 

クレジットカードで支払うと100円ごとに1ポイント付いたりし、そのポイントで景品と交換したり、商品の購入やサービスを受けたりすることが可能です。

現金で支払うだけではこのような恩恵を受けることはできません。

 

クレジットカードが普及し、安全に使えることが可能となった現代社会においては、「現金で支払うことは逆に損になってしまう」のです。

 

必要不可欠な存在であること、そして多くのカード会社が自分達のカードを発行してもらおうと躍起になっていることから、無職の方であってもクレジットカードを作ることは可能です。

もちろん、全く収入がないのでは信用がないため作ることはできません。

 

例えば、家族と一緒に住んでおり、その家族が収入を得ているという場合、カードを作る本人に収入がなくても審査を通過することができます。

このことはすべてのカード会社について言えることではありません。

 

作りやすいカード、作りにくいカードというのはあります。

そのため、審査に通らないこともあるかもしれません。

 

しかし、先述した通り、カード会社は数多あるのですから、諦めずに挑戦してみて下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ