クレジットカード申請で注意すること

a0780_000155

 

クレジットカードを作る際に、絶対に避けては通れないのが「審査」です。

 

これは、どこのカード会社でも必ずあります。

そもそもクレジットカードのクレジットというのは、「信用信頼」という意味です。

ですので無職の方は勤めている人に比べて社会的信用度が低いと見なされてしまうため、審査に通りづらいのです。

 

しかし、だからといって無職の方は絶対にカードを作れないかというと、そんなこともありません。

ご参考までにいくつか、無職でも審査に通る方法をご紹介したいと思います。

 

まず一番無難で確実なのは、実家に住んでいらっしゃるなら、親御さんにカードを作って貰い、その家族カードを作ることです。

家族カードであれば、まず審査に落ちるということは考えられません。

 

もしやむをえない理由でそれが出来ない場合は、どこでもいいので派遣会社に登録することです。

実際には働いていなくても、その派遣会社に在籍しているという扱いになるので、職業欄は派遣社員と書くことができます。

 

また、ネットオークションなどで出品しているたり、アフィリエイトをしているなど、たとえ微小でも何らかの収入がある方なら、自営業と書くことも可能です。

 

ただし「注意点」としては、このように多少話を大きくする程度なら構わないのですが、例えば勤めてもいない会社の社員を名乗るなど、虚偽の申請だけは絶対にやめましょう。

 

カードの審査では在籍確認の電話があることが殆どですので、もし嘘だとわかった場合、審査に通らないばかりか、あなたの信用に傷がついてしまいます。

 

また、カード会社によっても審査の通りやすさは違います。

楽天カード」や「イオンカード」、「セゾンカード」などは比較的審査に通りやすいと言われています。

 

ですのでそういった審査が甘めのカード会社で上記の方法を使えば、たとえ無職でも審査に落ちるということはまずない筈です。

もちろん、その他にも審査がそれ程厳しくないカードはたくさんありますので、ご自分の目的にあったカードを探してみて下さいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ