クレジットカード3枚のお得な使い分け方

楽天カードの良い所や悪い所について

 

楽天カードの良い所と悪い所を簡単に纏めれば、良い所はポイント還元率が高くてお得に使える事、悪い所はポイント取得や利用ルールで複雑な点が多い事です。

基本的に楽天カードは使っていて、お得なカードという実感があります、年会費無しで利用出来ますし、審査にも通りやすく多くの人が利用出来ますし、楽天市場での商品購入ではポイントが倍増する等恩恵が多いです。

 

大手銀行系カードの場合はポイント還元が低い所が多いです。

ただし、社会的に信用度が高くて海外等で利用する時には便利ですし、大きな保険適用や付帯サービスは豊富です。

 

楽天カードはポイント還元という点では有利であり、国内で買物したりする場合は良いですが、海外利用や付帯サービスに関しては優れているとは思いません。

 

しかし、国内でのショッピング利用でポイント還元率も高いですし、使う頻度が多いとキャンペーン等を利用しているとポイント当選で沢山のポイントを貰える事も多いですし、有利にポイントを溜めて利用出来ます。

 

通常のポイントに関してはルールは明確で、買物金額に応じてポイントを貰えます。

そしてそのポイントは永久不滅なので何年も溜めて行く事が出来ます。

 

ここまでは解りやすいですが、楽天市場で数倍のポイントが発生したり、キャンペーン条件を満たして得られるポイントは期限があるポイントなので、通常ポイントを同じ感覚で居ると、知らない間にポイントを失っている可能性があります。

 

ここに関しては自分の周りでも共通して解り難い部分と言われており、全て永久不滅ポイントに統一改善して欲しいと思う部分です。

 

海外での利用は大手銀行系「三井住友VISAカード」、普段の買物は「楽天カード」、車やガソリンは「エネオスカード」と場面で分けて使っており、使用頻度が高いのは楽天カードです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ