カード審査を通すためにはやはり収入の有無が大事

楽天カードは比較的審査が通りやすいクレジットカードと言われています。

専業主婦のような仕事の実態が無い人でもカードを作ることが出来るため、主婦や学生にも人気の高いカードと言えます。

 

審査基準は収入や居住年数、仕事の有る無しなど様々な条件を総合的に審査して決めるわけですが、ここで重要になってくるのは、カードを作る時点での信用情報と借り入れの有無です。

 

例えば、信用情報機関と呼ばれるいわゆるブラックリストに掲載されている場合、収入の有る無し関係なく審査は通らないでしょう。

信用情報機関へ掲載された場合、最低でも5年間はカードを作ることやローンを組むことは不可能になりますから、その期間内であればカードを作ることは諦めたほうが良いでしょう。

 

次に多いのは、自動車ローンや住宅ローンなどの借り入れが多い場合です。

専業主婦の人は基本的には無職と判断されますが、一緒に暮らす配偶者の方の収入を基本として審査を行います。

 

その場合配偶者の人の借り入れや借りたお金の延滞があった場合、審査段階で引っかかってしまい、審査NGになる場合が多いようです。

無職でもカードを作れた人は、おそらくそれをクリアした人ではないかと推測できます。

 

借り入れで最近増えているのが、携帯電話を数台持っていて支払いを行っている人です。

携帯電話の分割支払金額はローンを組んでいるのと同じことですので、例えば4台使用していて1台8万円の場合、32万円のローンを組んでいるのと同じことになります。

 

定職についていればおそらく問題ない金額ですが、定職についていない場合にはその金額も審査に関係してきますから、審査を通らないことがあるようです。

 

それと、主婦以外の人でも無職でカードを発行できた場合があるようですが、無職になる前にカード申請を行っていた場合には、その後無職になっても審査を通り、カード発行が可能になる場合があるようです。

 

定職についていない場合でも、アルバイトなどで収入がある場合には審査を通る可能性がありますからどうしてもカードを作りたいのであれば、収入がある状況を作ってからカード申し込みを行ったほうが良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ