利用金額とポイントの交換先でクレジットカードを選ぶ

電気や水道の光熱費はクレジットカード決済をした方が、担当者に直接支払ったり銀行やコンビニエンスストアを通じて振込をしたりするよりもお得です。

なぜなら、クレジットカードは利用金額に応じてポイントが付与されるからであり、光熱費は一般的なショッピングと違って毎月必ず一定額を支払うことになるのでポイントが貯まりやすいのです。

 

光熱費支払用のクレジットカードを選ぶ際の決め手は、年間の利用金額とポイントの交換先です。

 

たとえば「ライフカード」はLIFEサンクスプレゼントというポイントプログラムがありまして、年間の利用金額が50万円を超えれば次年度のポイントが1.5倍になったり、誕生月は5倍になったりするのです。

1ヶ月あたりの光熱費は、一般的な家庭であれば全て合算すると1万円をこえる可能性が高くそれだけで10万円以上となりますし、大きな買い物や旅行へ行けば50万円のラインは突破でき、スペーシャルボーナスポイントも含めて高い還元率でのポイント付与が望めます。

さらに新規入会した年はポイントが1.5倍になりますので、光熱費のクレジット支払いデビューをしたその月から効率よくポイントが貯まります。

 

また「三井住友VISAカード」ではポイントの交換先が豊富で、1ポイントが5円相当に設定されているポイントもあります。

日頃から利用しているポイントプログラムへ移行すれば現金化するよりもお得にポイント利用ができるため、光熱費支払用のクレジットカードを入手する際はポイントプログラムに着目することが大切なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ