無職でも作りやすい、カードの限度額の選び方

a0001_000153

 

クレジットカードを作るときに心配になるのは「審査に通るかな?」ということだと思います。

 

特に、最近、専業主婦の方が法律が変わってキャッシングができなくなったとか、申し込んだけれど審査ではねられて、以降、次々と審査に落ちたとかいった話が、ワイドショーの話題に上りますから、余計に不安になってしまいますよね。

 

しかし、無職でも全くの無収入でない証明さえできれば、クレジットカードを作ることは不可能ではありません。

 

特に、キャッシングの必要性を感じていない場合は、審査もそこまで厳しくなくなりますから、作りやすいカード会社の選び方さえ間違えなければ、比較的楽にクレジットカードを作ることができます。

これまでカードを持ったことがなく、過去、なにかの分割払いを滞らせたということがなければ、まず心配ありません。

 

カードの審査の際に、収入の証明として記入する額は、基本的に前年の収入です。

 

キャッシングを50万円以上にする場合は、収入証明は書面提出が必要で、更に「在籍確認」といって、現在働いている会社に、実際に勤務しているかどうかの確認が行われますが、それ以下の場合は、収入は自己申告のみでよく、在籍確認も原則、行われません。

ですから、あなたがキャッシングを大して必要としていないのであれば、ゼロ、または、最低限度の金額にとどめて申し込めばOKです。

 

クレジットカードのキャッシング枠は、貸金業法という法律の規制で、限度額が年収の三分の一以下と定められているため、厳重なチェックがあります。

しかし、ショッピング枠はそこまできびしくはありません。

 

しかし、実際に支払う都合を考えると、あまり高額にしておくのも心配です。

初めてのカード申し込みの場合は、高額にすると、怪しまれてかえって審査に通りにくくなる傾向があります。

 

ですから、申し込み時のショッピング限度枠は、一番小さい金額を基本にします。

これまでに、分割払いで滞納した経歴が無く、審査が通りやすいカード会社を選べば、まず心配なく審査が通過できるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ