ネットで買い物するならジャパンネット銀行Visaデビットカードは作っておきたい

ジャパンネット銀行のVISAデビットカードと通常のクレジットカードとの一番の違いは、口座からお金が引き落とされるタイミングです。

 

通常のクレジットカードは、使用した時期にもよりますが、翌月、もしくは翌々月に利用代金が口座から引き落とされます。
ですが、Visaデビットカードは原則即時に口座からお引き落としです。
クレジットカードなら口座にお金が無くても使用する事ができますが、Visaデビットカードは口座にお金が入っていないと使用することができません。

 

それからVisaデビットカードはクレジットカードと違い、口座預金額を超えた使用は出来ません。
口座に10万円あったとして、クレジットカードは20万円の買い物でも出来ますが、Visaデビットカードは10万円の買い物までしか出来ません。

 

ではVisaデビットカードのメリットは何かというと、審査が無しで15歳から作る事が出来るというのが一つ。
誰でも簡単に作れるという事ですね。

 

それから財布に大金を入れておかなくても、買い物が出来るというのもメリットです。
大金を持ち歩くのは危険が伴いますので・・。

 

そして、Visaデビットカードを持つことの最大のメリットは、クレジットカードがなくてもネットで支払いが簡単に出来るという事です。
動画サイトやSNSのオプション機能の支払いなどはクレジットカード払いしか受け付けていないところがけっこうありますので、そういった場合もクレジットカードではなくVisaデビットカードで支払う事が出来ます。

 

とくにネット関係の支払いはクレジットカードを持っていない場合、Visaデビットカードを持っているかいないかでだいぶ便利度が違ってきます。
クレジットカードを持っていないけどネットで買い物をしたいという人はVisaデビットカードを作っておいた方が良いと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ