デビット機能付きカードとは、一体何なのか?

最近よく聞くようになった「デビット機能付きカード」とは、一体何なのか。所謂「デビットカード」について説明させて頂きます。

 

単刀直入に言うと、「商品を買ったその場で指定の口座から料金分が引かれる機能」のことを指します。

例えば大きな買い物をして現金が手元にない時、クレジットカードが使用できない時(持っていないも含む)、このデビットカードを使えば問題解決です。

 

大金を持ち歩かなくても、クレジットカードがなくても、簡単に大きな買い物ができるというわけです。

 

では、クレジットカードとの違いは何か?まず大きく違うところは、デビットカードは支払いの回数は1回のみで、買ったその場で口座から引き落とされる点です。

その為、いつの間にか使いすぎて請求額が多額に!なんてことにはならないので、クレジットカードにそんな苦い思い出のある方にはオススメのできる機能です。

 

逆に、口座に引き落としたい分の金額がその時に入っていないと使用ができない為、今はお金が入っていない、なんて人にはデメリットに感じてしまうのでオススメはできません。

 

そしてもう1つ、デビットカードにはクレジットカードのようなポイントが付かない場合が多いです。言わば特典は期待しないということです。

 

クレジットカードは苦手だけど、大きな買い物はよくする…そんな方はデビットカードが便利です。

デビット機能を付けるのにお金は一切かかりませんので、デビット機能のついたカードが1枚手元にあるだけで買い物がぐっと楽になると思います!

サブコンテンツ

このページの先頭へ