デビットカードの選び方の3つのポイント

クレジットカードはいろいろな場面で便利なことはわかっていますが、クレジットカードのような後払いが自分の性格に合わないとか、支払いは現金払いでないと気持ちが悪いという人は少なくありません。

そのようないわゆる現金主義の人にうってつけであるのがデビットカードと言っていいでしょう。

 

デビットカードは代金の支払い時に利用することができ、クレジットカードのように後払いではなく、即時にデビットカードで指定されている自分の銀行口座から支払金額分が引き落とされる仕組みになっており、その場で支払いが完了します。

 

デビットカードを選ぶポイントは3つあります。

 

一つ目はキャッシュカードとデビットカードが一体になったものを選ぶことです。

銀行が発行するデビットカードはほとんどがキャッシュカードと一体になっていますが、デビットカードの機能だけのものがないではありません。

キャッシュカードとデビットカードを2枚持つのは面倒になってしまいます。

 

二つ目は年会費と確認することです。年会費がかからないカードから数千円の年会費が必要な場合もあります。

自分の利用頻度や利用のよるお得度を考えて選ぶことが必要となります。

 

最後にポイント還元や特典があるかどうかを確認します。

最近のデビットカードではクレジットカードのような利用特典を付けることが増えていますが、年会費との兼ね合いも考えて、自分にとって最も有利であるデビットカードを選びましょう。

デビットカードとクレジットカードの支払い形式の違い

デビットカードはクレジットカードと同様の利用方法が出来るというイメージが強いですが、その仕組みはクレジットカードとは異なります。

 

クレジットカードの場合、利用代金は一か月分まとめて後日指定の預金口座から引き落とされます。しかし、デビットカードを利用した場合は、実際にカードを使って支払いを行った瞬間に指定の口座からその利用額が引かれる仕組みになっています。

 

金融機関や利用のタイミングによっては若干タイムラグが生じる場合もありますが、クレジットカードのように一か月分まとめて引き落としという形にはならないのです。つまり、クレジットカードが後払いという形式になっているのに対し、デビットカードは即時払いという形式をとっているというわけです。

 

クレジットカードを発行してもらう為には、カード会社の発行審査をクリアしなければなりません。

また、審査にクリアしたとしても、カードの利用限度額が設定されており、その範囲内でしか利用することが出来ません。ところが、デビットカードの発行には審査がありません。これは、クレジットカードの後払いという形式とは異なり、即時払いという形式が大きく関係していると言えます。

 

利用額がすぐに預金口座から引き落とされるデビットカードでは、クレジットカードのような与信を必要としません。口座残高の範囲でしかショッピングに利用出来ない為、未払いのリスクが発生しない為です。こうした理由から、クレジットカードの審査になかなか通過出来ない人でも便利に利用できるカードだと言えるでしょう。

 

デビットカードはクレジットカード会社からも発行されていますが、銀行発行の物もあります。元々利用している銀行から発行されているデビットカードがある場合は、新たにカード会社と契約をするよりも利用しやすいかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ